topics

トピック

2019-04-27

フルオーダーとは

現在、HOSHINOではお仕立ての約半数がフルオーダーです。

それだけいらっしゃるお客様はずっと気に入った靴を探しているが中々見つからない、

また、どれだけ無駄に履けない靴を買って来たかわからないという経験をしています。

一方で、同時に綺麗なものを心地良く履きたいという強い要望をお持ちです。

そのため、HOSHINOはお仕立ての手間や時間を惜しまず、

木型から起こし、仮縫いを経てお仕立てをするフルオーダーでのお仕立てをご提案しております。

以下3点がフルオーダーの主な特徴となっています。

1:仮縫いを経るため、1足目からご納得のいく靴のお仕立てができます。

仮縫いと呼ばれる工程(お仕立てする靴の主たる部分を全て再現した試着靴を特注で作成し、

職人が確認の上設計の調整を行います)を経て、1足目のお仕立てを進めます。

そのため、間違いなく靴が仕上がる前に履き心地が大丈夫かどうか、事前に確認をすることができます。

また、気になるところが設計の修正により改善され、1足目から気持ちよくお履き頂くことができます。

2:デザインに制約がございません。

つま先の形、ヒールの高さ、デザインライン、素材、その他仕様の全てに制約がございません。

そのため、一番よくお履きになるデザインとヒールの高さでお仕立てすることも出来ますし、

一番お履きになりたいデザインでお仕立てすることもできます。

また、1足目でご納得頂けた場合、これを煩わしさなく2足目、3足目と忠実に再現することができることも特徴です。

3:1mm単位のフィッティングで美しさを追求します。

人の足元の感覚は1mm単位で明確にわかるほど、シビアなものです。

そのため1mm単位で設計からお仕立てすることで2つとないお仕立てが可能となります。

フィッティング、履き心地を追求したことで楽にお履きになれる様になり、

結果、普段よりも履きたかった高いヒールが苦なく履ける様になることも特徴の1つです。

以上から、1足目はお時間と木型のご予算がかかるものの、

永らくに渡りメンテナンスも考える、2足目以降も考える、様々なデザインも考える場合、

ご満足の頂ける靴をお仕立てする方法の1つとして、

HOSHINOではフルオーダーでのお仕立てをお薦めしております。

フルオーダーの詳細について、随時お電話、メールの窓口でお答えをしております。

どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

Shunji Hoshino