english

topics

トピック

2020-01-24

餃子と爆竹で新年を迎えましょう

新年快乐!春節。

【春節小話その③餃子と爆竹で新年を迎えましょう】

春節に必要不可欠な食べ物といえば「餃子」です。

「交わる」の漢字が使用されている餃子。

その餃子を年越しの子の刻(ねのこく)(真夜中0時)頃に頂く行為には、

ゆく年くる年の交わる時、新年も幸せな年になるようにとの願いが込められています。

年越しそばを頂く日本のように、春節を迎える中国の家庭の食卓には必ず餃子が用意されているのです。

大きな破裂音で魔を払うとされる爆竹も春節の風物詩。新年前日の大晦日である「除夕」から、街中で爆竹が鳴らされます。

特に夕食時、年越しの最後の食事をする前に鳴らされる爆竹は「閉門爆竹(へいもんばくちく)」と呼ばれており、多くの家庭で爆竹が鳴らされます。

爆竹を鳴らす行為は深夜にかけてさらにヒートアップ。

除夕にはそのまま深夜まで至る所で爆竹が鳴り、日付の変わるカウントダウンの瞬間は、一年で最も盛大に、そして最も大量に爆竹が消費される瞬間だといわれています。

日本で深夜に爆竹を鳴らすと怒られそうですが、今夜はぜひ0時に餃子を食べて、次の一年も良い年になるよう思いを馳せてみるのはいかがでしょうか。

HOSHINO

ご予約はこちら

follow us