toggle
2017-11-24

朽ちることのない花


人に合わせたシンプルこそが至高と考えている。

しかしながら、1つだけ表現を施そうと考え、とある素敵な出会いとその方のご好意で実現しました。

 

フランスの装花をハイヒールのバランスに合わせて、

シルクとコットンに火とのりを加えることで、

普通では想像もできない数十年朽ちることのない美しいお花を、

花びら1つ1つを手づくりにて実現頂きました。

 

61.17 プレーンコサージュのラフ。

 

花びら1つ1つが切り出されている。

火を加えて束ねられお花が作られていく。

 

ヌーディベージュのベビーカーフと黒のコサージュの61.17

 

*フランス装花の作り手さまについてはこちら。

http://luce-jp.com/

 

HOSHINO

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です