toggle
2018-01-25

透明感とオーダーメイドヒール


「透明感」のある革。

それが職人が共通認識で上質と呼ぶ条件の1つ。

生きもの本来のきめ細やかな表情が活かされつつ、
しかし深く澄んだ色味も楽しめる。

色味には熟成という概念が革にもあり、
時間をどれだけかけたかにも左右される。

足あたり良さが保たれつつも、
丸みが照り輝き、張りがある。

 

HOSHINOのオーダメイドではイタリアトスカーナ地方INCAS社のベビーカーフを、

パンプスのお仕立ての主たる革に使用を致しております。

 

そんな厳選された素材を活かした靴づくりに日々取り組んでいます。

 

Shunji Hoshino

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です