toggle
2017-07-25

段階的に履き心地を合わせていくこと


お仕事だけでなく、多くの社会活動に日々邁進されているYさんへ。

大きめの靴に慣れていたため1足目は痛くならないようにと、サイズは普段よりも詰めながらも幅には少しゆとりを持たせ、柔らかい羊のスエード素材でお仕立てをさせて頂きました。
足当たりよく、幅にも加減よくゆとりをもたせ、オーダーに慣れていなくても比較的最初から気持ちよく履いて頂けるようにと考えています。

今回2足目は、「オーダーの靴の感覚に慣れて来た」とのお声を頂きましたので、ジャストのワイズにてお仕立てをさせて頂きました。
革は、限定でお出ししている美しいパイソンにて。

より足にフィットし履き心地が長持ちする様にと、お客様の声を聞きながら努力を続けております。

Shunji Hoshino

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です