toggle
2018-02-15

ガルーシャのオーダーメイドパンプス


2018 SS collection 122.18 galuchat pumps

 

ガルーシャ(アカエイ)と呼ばれる海の宝石がある。

 

アカエイは貝を摂食する生態から、硬い背ビレをもつ。

 

炭酸カルシウムから構成されるその背が削られ、磨かれると独特の照りと光り輝く粒子の革が出来上がる。

 

その仕立ての難度は高いものの、2つとない独特な表情が耐久性を伴い実現する。

 

モスクの霊廟に使われる様に、

 

人にどこか安らぎを与え、どこか人を惹きつける。

 

そんな翡翠色のガルーシャ一尾を唯一無二のパンプスへ仕立て上げる。

 

HOSHINOは1つのもののつくり手として、

 

世にないものを皆さまへ楽しんで頂ける様、日々努めております。

 

Shunji Hoshino

 

 

 18 SS 122.18 Galuchat pumpsのラフ。

 

ガルーシャの革。中心には天眼と呼ばれる一尾に1粒しかない白く輝く部位がある。

 

ガルーシャパンプスのアッパー。発色の良いグリーンのスエードを履き口にパイピングしてお仕立て。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です